2022/07/01
第72回”社会を明るくする運動”がスタート
第72回“社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ〜
 7月は「社会を明るくする運動」強調月間です。
 キャッチコピーは、「♯生きづらさを生きていく。」
“社会を明るくする運動”とは?
 “社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ〜は,すべての国民が,犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め,それぞれの立場において力を合わせ,犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動です。安全で安心な暮らしはすべての人の望みです。犯罪や非行をなくすためには,どうすればよいのでしょうか。取締りを強化して,罪を犯した人を処罰することも必要なことです。しかし,立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや,犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や地域づくりをすることもまた,とても大切なことです。犯罪や非行のない安全で安心な暮らしをかなえるためいま何が求められているのか,そして,自分には何ができるのかを,みなさんで考えてみませんか。
2022/07/4
第72回”社会を明るくする運動”の内閣総理大臣メッセージ伝達を行いました。
令和4年7月4日(月)第72回”社会を明るくする運動”強調月間がスタートしました。中之条町役場において中之条町社明運動推進委員長(町長)に、内閣総理大臣メッセージ、群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを伝達しました。コロナ禍で町内パレードやキャンペーンは中止になりましたが、広報車で広報活動を行い、過ちを繰り返すことのないようにするためには、立ち直ろうとする人を社会に受け入れることが必要です。それぞれの立場での「地域のチカラ」への取組みをお願いしました。

219-s-1.jpg219-s-2.jpg219-s-3.jpg

2022/06/24
第1期地域別定例研修会を開催しました。
 令和4年6月24日(金)第1期地域別定例研修会を中之条町のバイテック文化ホール大会議室で開催しました。
 研修内容は、民法改正による「成人年齢引き下げに係る保護観察について」で、20歳から18歳に引き下げられ、少年法の改正がされたことによる処遇について受講した。
 研修会終了後に、新人を含めたベテラン保護司の参加によるフリートーク形式の勉強会として、面接の手法・面接場所・不安に感じること等多岐にわたり保護司同士の情報交換を行った。

218-s-1.jpg218-s-2.jpg218-s-3.jpg

2022/06/22
第72回”社会を明るくする運動”中之条町推進委員会が開催されました。
 令和4年6月22日(水)中之条町役場大会議室で、第72回”社会を明るくする運動”中之条町推進委員会が開催されました。推進委員会には、保護司・更生保護女性会をはじめ、議会・民生・教育・区長会・防犯・青少推・人権・婦人会など、多くの委員の方々が参加しました。
「♯生きづらさを生きていく。」をキャッチコピーとして、犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域のチカラをさらに築き上げることを確認しました。

217-s-1.jpg217-s-2.jpg217-s-3.jpg

2022/06/16
令和4年度吾妻更生保護事業主会定期総会を開催しました。
令和4年6月16日(木)中之条町のバイテック文化ホール大会議室において、令和4年度吾妻更生保護事業主会の定期総会が開催されました。更生の道を歩こうとする保護観察対象者等に、就労の機会を提供する事業主のみなさんが出席して、本年度重点事業として協力雇用主(現員数34社)の拡大を図る。社会を明るくする運動の普及啓発と犯罪予防活動の推進を行うことを決定しました。
 総会終了後に、渋川公共職業安定所中之条出張所 近藤所長による「吾妻郡の雇用情勢等について」、群馬県就労支援事業者機構の吉川氏による「就労状況、支援制度について」の講義を受講しました。

216-s-1.jpg216-s-2.jpg

2022/05/18
令和4年度 吾妻保護区保護司会定期総会を開催しました。
 令和4年5月18日(水)中之条町のバイテック文化ホール大会議室において、吾妻保護区保護司会定期総会を開催しました。
 新年度事業計画の重点事業として、コロナ禍の中においても非接触型に考慮した新しい手法での広報活動の展開、サポートセンターを拠点として、“社会を明るくする運動”の啓発活動を通して地域社会への情報発信を推進し、更生保護女性会、更生保護事業主会をはじめ更生保護関係機関・団体などの地域支援ネットワークとの連携を促進し、更生保護活動の一層の充実を図ることを全会一致で決定しました。

215-s-1.jpg

2022/05/31
第72回”社会を明るくする運動”吾妻郡推進委員会を開催しました。
 令和4年5月31日(火)嬬恋村の嬬恋会館において、第72回”社会を明るくする運動”吾妻郡推進委員会が開催されました。
 委員長の吾妻郡町村会長(熊川栄 嬬恋村長)は、「地域コミュニティーを醸成することで、安全に安心して暮らすことができる生活に向けて、一歩一歩着実に実現して行くものと思います。」と挨拶しました。
 吾妻郡内の各地区推進委員会事務局、保護司、更生保護女性会のみなさんが参集し、7月1日からスタートする強調月間、及び年間を通してのイベント、コロナ禍の中での啓発活動などについて協議を行いました。

214-s-1.jpg214-s-2.jpg214-s-3.jpg

2022/04/20
吾妻保護区保護司会理事会を開催
 令和4年4月20日(水)中之条町のバイテック文化ホール講座室において、吾妻保護区保護司会理事会を開催しました。
 令和3年度の事業実績の検証と保護司会収支決算説明を行い、令和4年度の事業計画(案)、及び活動方針(案)について協議を行いました。

213-s-1.jpg213-s-2.jpg213-s-3.jpg

2022/03/28
群馬県就労支援事業者機構理事会が開催されました。
 令和3年3月28日前橋保護観察所において、群馬県就労支援事業者機構理事会が開催されました。
 群馬県内の事業主の皆さんが協力雇用主として組織する群馬県更生保護事業主会連盟は、令和4年3月31日で解散し、その事業の一部をを群馬県就労支援事業者機構に引き継ぐことになりました。永年に亘り協力雇用主として更生保護活動を行ってきましたが、今般、法務省が実施している更生保護就労支援事業を受託しているNPO法人群馬県就労支援事業者機構に包含することになりました。

212-s-1.jpg212-s-2.jpg212-s-3.jpg

2021/12/27
第71回社会を明るくする運動協力事業者表彰
 社会を明るくする運動の趣旨に賛同し、広報啓発活動にご協力頂いた事業者の方に前橋保護観察所長より、草津町の「食事処 松美 代表 宮崎武志様」に感謝状が贈られました。

211-s-1.jpg

2021/12/27
第71回社会を明るくする運動作文コンテスト群馬県大会表彰式
 令和3年12月27日に群馬県公社総合ビル多目的ホールにおいて、第71回社会を明るくする運動作文コンテスト群馬県大会表彰式が開催されました。
 中学校部門 応募作品数 4053作品 入選者数 15名
 吾妻地区代表の草津中学校2年 山口祐香さんが、優秀賞「エフエム群馬社長賞」に、高山中学校3年 飯塚七海さんが入選されました。

210-s-1.jpg

2021/12/27
第71回社会を明るくする運動作文コンテスト吾妻地区代表者を表彰
嬬恋中学校3年 黒岩大翔さん 作品名「僕にとっての明るい社会」
草津中学校2年 山口祐香さん 作品名「相談」
山中学校3年 関根獅音さん 作品名「加害者家族の苦労」
山中学校3年 飯塚七海さん 作品名「明るい社会への第一歩」
山中学校3年 林 愛純さん 作品名「社会を明るくするために」

209-s-1.jpg209-s-2.jpg209-s-3.jpg

2021/12/28
年末年始の休みのお知らせ
 年末年始の休日について
  ・令和3年12月29日(水)〜 令和4年1月3日(日)は、閉所させて頂きます。
 ・令和3年1月4日(火)午前10時から開所いたします。
 
来年も相変わらずのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
2021/11/17
第3期地域別定例研修会が開催されました。
 令和3年11月17日(水)第3期地域別定例研修会が長野原町住民総合センター大ホールで開催されました。
 前橋保護観察官の講義により研修課題は、「良好措置・不良措置について」でした。保護観察における処遇に繋がるものであることから、実践的な具体的事例に基づいた内容となっていました。研修会終了後に、新人とベテラン保護司の勉強会が行われましたが、12名の参加により質問及び相談というフリートーク形式とし、面接の手法・面接場所・不安に感じること等多岐にわたり、保護司同士の情報交換も含めて大変有意義なものとなりました。

207-s-1.jpg207-s-2.jpg

2021/06/04
第71回”社会を明るくする運動”吾妻郡推進委員会は書面開催となりました。
第71回“社会を明るくする運動”吾妻郡推進委員会は、新型コロナウイルス感染症の拡大により感染拡大防止の観点から書面開となりました。これを受けて吾妻郡では、町村毎に組織される地区推進委員会が開催され、第71回目を迎える運動が展開されることになります。
  〜犯罪や非行を防止し,立ち直りを支える地域のチカラ〜
 7月は「社会を明るくする運動」の強調月間です。
“社会を明るくする運動”とは?
 すべての国民が、犯罪や非行の防止と犯罪や非行をした人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全で安心な明るい地域社会を築くための全国的な運動です。
 立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや、犯罪や非行をする人を生み出さない家庭や、地域づくりをすることも、またとても大切なことです。
 この全国的な運動にみな様のご支援とご協力をよろしくお願いいたします。
2021/05/13
令和3年度吾妻保護区保護司会定期総会は書面開催となりました。
 新型コロナウイルス感染症の拡大防止に関する群馬県「社会経済活動再開に向けたガイドライイン」の警戒度が最高レベル「4」が発令されるなど、県下における感染が拡大している現状から令和3年度吾妻保護区保護司会定期総会を書面開催とすることになりました。
 これは、昨年に引き続きの対応になり誠に恐縮ですが、関係各位のご理解とご支援を宜しくお願いいたします。
2020/12/21
年末年始の休日のお知らせ
みな様の更生保護活動へのご支援とご協力に心より感謝申し上げます。
年末年始の休日について
 ・年末は、12月28日(月)16時まで開所いたします。
 ・令和2年12月29日(火)〜 令和3年1月3日(日)は、閉所させて頂きます。
 ・令和3年1月4日(月)午前10時から開所いたします。
 
来年も相変わらずのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
2020/12/04
第70回”社会を明るくする運動”作文コンテスト吾妻地区代表の5名を表彰。
 第70回“社会を明るくする運動”作文コンテスト群馬県大会(参加中学校80校応募作品3,559)で15名の入賞者が発表されました。嬬恋中学校3年生の干川夏輝さんの「勇気 〜辛い時こそ〜」が特別賞に入選されました。嬬恋中学校は、昨年に続き2年連続での受賞となります。この作文コンクールは、法務省が主催し、日常の家庭生活,学校生活の中で体験したことを基に、犯罪・非行のない地域社会づくりや犯罪・非行をした人の立ち直りについて考えたこと、感じたことなどを題材として毎年実施されています。吾妻地区46作品の応募がありましたが、このうち代表5作品について12月4日(金)に“社会を明るくする運動”作文コンテスト事務局の吾妻保護区保護司会 古藤充昭 会長から表彰状と記念品を贈りました。
 5作品の作者
嬬恋中学校 3年 干川夏輝さん 3年 干川湊羽さん 1年 干川葵さん 1年 黒岩日陽さん 草津中学校 3年 田村匠さん

203-s-1.jpg203-s-2.jpg

2020/11/27
群馬県更生保護仏教保護会に年末慰問で伺いました。
令和2年11月26(木)更生保護法人群馬県仏教保護会へ年末の慰問に伺い、松本泰恵理事長さんに慰問金と嬬恋村産の馬鈴薯をお届けしました。現在、20名の入所者が生活しており社会復帰に向けて一生懸命就活に励んでいるそうです。
 新型コロナウイルス感染症対策として、部屋の確保や入浴及び食事のタイムスケジュールなど注意しながら24時間体制で入居者の更生保護に従事しています。

202-s-1.jpg

2020/11/16
第3期地域別定例研修会を開催しました
 令和2年11月10日(火)第3期地域別定例研修会をバイテック文化ホール大会議室で行いました。前橋保護観察官の講義により研修内容は、「生活環境調整について」でした。
 更生のための生活環境を整備することは、本人の社会復帰を円滑にする上で重要な意義を持ちます。また、その後の保護観察の基礎ともなるもので、帰住予定地を訪問して引き受け人と面接するなどして対象者の社会復帰の住居や就業先などの環境を調査します。

201-s-1.jpg201-s-2.jpg

- Topics Board -