2019/01/15
鳥追い祭り会場で薬物乱用防止キャンペーン
 平成31年1月14日(月)中之条町において「鳥追い祭り」が開催され、「ダメ!ゼッタイ!」をスローガンに掲げ、薬物乱用防止の啓発(吾妻地区更生保護女性会の皆さん手作りの「しおり人形」を配付。)を行いました。会場となった中之条町商店街の歩行者天国には、多くの観光客や町民の皆さんが訪れて大変な賑やかさでした。普段は都心で働いている若者たちもこの日だけは田舎に戻って祭りを盛り上げていました。
 「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議構成員、吾妻警察署員、群馬県吾妻保健福祉事務所職員のみなさん30人が幟旗を掲げて「危険ドラッグ」の撲滅を訴えました。

140-s-1.jpg140-s-2.jpg140-s-3.jpg

2018/12/23
本年も大変お世話になりました。
 皆さまの更生保護活動へのご支援とご協力に心より感謝申し上げます。
年末年始の開所について・年末は12月28日(金)までとなります ・2018年12月29日〜2019年1月3日はお休みさせていただきます。
 ・2019年1月4日(金)から開所します。
 
 来年2019年も相変わらずのご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。
2018/12/11
第68回”社会を明るくする運動”作文コンクールへ応募ありがとうございました。
 平成30年12月11日(火) ”社会を明るくする運動”作文コンクールへの応募者3名の中学生に参加賞を届けました。応募作品は、長野原町立東中学校の篠原さんが「私たちがお年寄りにできること」、長野原町立西中学校の愛敬さんが「無差別で安全な社会」、浅井さんが「命の大切さ」です。皆さんの作品は、人権の立場から他人を大切にする気持ちが溢れていて、再び犯罪をしないためにそれぞれが出来る支援をして行きたいと結ばれていました。社会を明るくする運動作文コンクールへの応募ありがとうございました。

138-s-1.jpg

2018/11/25
第6回人権ミニフェスティバル開催
 平成30年11月25日(日)第6回人権ミニフェスティバルが中之条町のバイテック文化ホールで開催されました。このフェスティバルは、中之条町が主催し北毛人権啓発活動ネットワーク協議会、群馬県教育委員会が共催、人権ミニフェスティバル実行委員会が協力するもので、バリアフリーな社会を実現するためにスローガン「みんなで築こう人権の世紀〜考えよう相手の気持ち未来につなげよう違いを認め合う心〜」を掲げ、各ブースでは町内の障がい者団体が手作りの作品や販売コーナー、更生保護女性会中之条支部のみなさんが「しをり人形の手作りコーナー」を設け、ステージでは、全国中学生人権作文コンテスト吾妻地区表彰式を開催し入選作品の作文朗読を行いました。会場には、700人もの来訪者があり、最後に映画「校庭に東風吹いて」(子どもたちの困難に寄り添い共に生きた教師の物語。)が上映されました。

137-s-1.jpg137-s-2.jpg137-s-3.jpg

2018/10/20
草津町布施医院様が前橋保護観察所長感謝状を受賞されました。
 平成30年10月18日利根沼田文化会館において開催された、第63回群馬県更生保護大会で、「社会を明るくする運動前橋保護観察所長感謝状」を草津町の布施医院院長 布施正博様が受賞されました。
 布施様は、”社会を明るくする運動”「犯罪や非行のない明るい社会の建設」の趣旨にご賛同頂き、啓発活動について長年に亘り保護司会にご支援とご協力を頂いています。

136-s-1.jpg136-s-2.jpg

2018/10/18
第63回群馬県更生保護大会が利根沼田文化会館で開催されました。
 第63回群馬県更生保護大会が利根沼田文化会館において開催されました。吾妻保護区保護司会の保護司10名(関東地方更生保護委員会委員長表彰等)、吾妻地区更生保護女性会員8名(群馬県知事感謝状等)が授賞されました。群馬県利根沼田文化会館で開催されたこの大会には関係者700人以上の保護司や更生保護女性会などのみなさんが参集して開催された大会で、群馬県下の更生保護関係者が一堂に会し、「犯罪や非行のない明るい社会の建設」に向けて一層の活動充実を確認しました。次回の大会は、高崎市において開催されることを予定して終了しました。

135-s-1.jpg135-s-2.jpg135-s-3.jpg

2018/09/06
薬物乱用防止キャンペーン in 伊勢町祇園祭り
 平成30年9月1日(土)伊勢町祇園祭り会場の歩行者天国で、薬物乱用防止キャンペーンと社会を明るくする運動の啓発を行いました。
 「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議構成員、吾妻警察署員、群馬県吾妻保健福祉事務所職員のみなさん30人が幟旗を掲げて訪れていた多くの観光客や町民の皆さんに、500人分の啓発グッズをひとり一人手渡しながら、麻薬・危険ドラッグを「持たない。使わない。」をお願いしました。

134-s-1.jpg134-s-2.jpg134-s-3.jpg

2018/08/24
自主研修「普通救命資格取得講習会」を開催
 平成30年8月21日(火)草津町総合体育館において吾妻保護区保護司会の第1回自主研修会を行いました。講習会は、救急の日である9月9日を再認識し、保護司としての資質の向上を目途として行いました。保護司は、更生保護活動等により地域の行事やイベントなどの多くの人が集まるイベントや公的施設などで開催する行事などに参加する機会が多いことから、心肺停止等の現場に居合わせても適切に一次救命処置(心肺蘇生法とAED機器の操作)を施し、救急車が到着するまでの間において救命活動をすることが大切になります。当該研修では、広域消防職員による実践的な救命処置を習得し普通救資格を取得することを目指しました。

133-s-1.jpg133-s-2.jpg133-s-3.jpg

2018/08/01
薬物乱用防止キャンペーン in 草津町
 平成30年8月1日(水)草津温泉感謝祭会場(湯畑周辺)で薬物乱用防止キャンペーンを行いました。「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議のメンバー(保護司・更生保護女性会員・警察官・群馬県吾妻保健福祉事務所)が参加して、草津温泉感謝祭を見物に会場を訪れていた住民、観光客200人のみなさんに、街頭広報活動を行いチラシやウェットティッシュ、更生保護女性会員手作りのしおり人形などを配付しながら、麻薬や危険ドラッグを「買わない。使わない。かかわらない。」ことをお願いしました。

132-s-1.jpg132-s-2.jpg132-s-3.jpg

2018/07/31
”社会を明るくする運動”の啓発にご協力頂きました。
 草津温泉の湯畑のすぐ近くにある旅館「草津館」では、第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンにご協力頂き、啓発ポスターの掲示や啓発グッズをお客様に配付するなどキャンペーンにご協力頂いています。


131-s-1.jpg131-s-2.jpg131-s-3.jpg

2018/07/31
親子のワークショップを開催しました。
 平成30年7月29日(日)「社会を明るくする運動」中之条町推進委員会と吾妻保護区保護司会中之条支部は、共催で第10回目の親子のワークショップをツインプラザで開催しました。
 犯罪のない明るい社会を築くには、家庭が明るくて、家族の絆が何より大切です。当日は、14人のみなさんが家族で参加してくれました。
 午前は、講師:齋木三男さんによる「上毛三碑である多胡碑と同じ石にノミとトンカチで名前を彫り自分の表札を作りました。」午後は、講師:水野暁さんによる「お互いに、見たり、触ったりしながらお互いを描き合いました。」普段の生活の中でお互いの顔を見ることは中々ありません。家族とって楽しい夏休みの思い出となりました。

130-s-1.jpg130-s-2.jpg

2018/07/25
”社会を明るくする運動”の啓発にご協力頂きました。
草津町温泉街にある草津温泉の温泉まんじゅう「本家ちちや」では、第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンにご協力頂き、啓発ポスターの掲示や啓発グッズをお客様に配付するなどキャンペーンにご協力頂いています。

129-s-1.jpg129-s-2.jpg129-s-3.jpg

2018/07/23
学校と連携して”社会を明るくする運動”の啓発
平成30年7月12日(木)社会を明るくする運動キャンペーンの後に、吾妻保護区保護司会草津支部では、保護司と更生保護女性会で管内の小・中学校を訪問して薬物乱用防止や保護観察等について生徒を取り巻く環境の現状と予防活動等について意見交換を行ないました。夏休み前の恒例事業として定着しており、校長先生や教職員のみなさんと非行や暴力のない学校づくりに協議を深めた。また、社会を明るくする運動作文コンテストへの作品応募をお願いしました。

128-s-1.jpg

2018/07/23
第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンを草津町で開催
平成30年7月12日(木)に第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンを開催し、内閣総理大臣メッセージ並びに群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを草津町実施委員会委員長(草津町長)に伝達した。街頭では、実施委員会の皆さん30人が草津温泉街や道の駅でチラシ配布やウェットティッシュなどを一人ひとりに手渡しながら、社会を明るくする運動の啓発を行いました。罪を犯した人の立ち直りを支え、過ちを繰り返すことのないようにするためには、立ち直ろうとする人を社会に受け入れることが必要です。それぞれの立場での、<再出発を見守る社会>へのご協力をお願いします。

127-s-1.jpg127-s-2.jpg127-s-3.jpg

2018/07/23
第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンを高山村で開催
 平成30年7月4日(水)に第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンを開催し、内閣総理大臣メッセージ並びに群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを実行委員長(後藤高山村長)に伝達しました。「犯罪や非行のない明るい社会を築く」<再出発を見守る社会へ>をスローガンに掲げて吾妻警察署のご協力をいただき広報車先導により保護司会と更生保護女性会が村内を啓発パレードしました。管内の中学校・小学校・幼稚園を訪問し、更生保護女性会員手作りの”しおり人形・えんぴつ型楊枝入れ”・ファイルを記念品として贈呈しました。子供達からはお礼に気持ちのこもった歌を披露していただき、明るく安全安心な高山村が続くことを願う、明るい社会づくりに参加するという意識を強める啓発活動になりました。

126-s-1.jpg126-s-2.jpg126-s-3.jpg

2018/07/20
”社会を明るくする運動”の啓発にご協力頂きました。
 草津温泉湯畑から徒歩で10分程の住宅街にある草津外科内科クリニックでは、第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンにご協力頂き、啓発ポスターの掲示や啓発グッズを受付窓口で配付するなどご協力頂いています。

125-s-1.jpg125-s-2.jpg125-s-3.jpg

2018/07/02
第68回”社会を明るくする運動”キャンペーン in 中之条町
 平成30年7月2日第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンの強調月間がスタートしました。中之条町社会を明るくする運動推進委員長(中之条町長)に役場玄関前で内閣総理大臣メッセージ、群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを伝達した後に町内の広報啓発活動を行いました。罪を犯した人の立ち直りを支え、過ちを繰り返すことのないようにするためには、立ち直ろうとする人を社会に受け入れることが必要です。それぞれの立場での、「再出発を見守る社会へ」へのご支援をお願いしました。

124-s-1.jpg124-s-2.jpg124-s-3.jpg

2018/07/02
第68回”社会を明るくする運動”キャンペーン協力事業者
 草津町の布施医院では、第68回”社会を明るくする運動”キャンペーンにご協力して頂き、啓発ポスターの掲示や啓発グッズを受付窓口で配付するなどご協力頂いています。

123-s-1.jpg123-s-2.jpg123-s-3.jpg

2018/06/26
第68回”社会を明るくする運動”草津町実施委員会を開催
 平成30年6月26日(火)草津町総合福祉センターにおいて、第68回”社会を明るくする運動”草津町実施委員会が開催されました。7月1日からスタートする強調月間の協議を行うために保護司、更生保護女性会、学校、警察等関係団体のみなさんが参集して第68回目を迎える社会を明るくする運動の広報活動について協議をしました。

122-s-1.jpg122-s-2.jpg122-s-3.jpg

2018/06/26
薬物乱用防止ヤングキャンペーンで啓発
 平成30年6月26日「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議が主催する薬物乱用防止運動6・26ヤング街頭キャンペーンが、JR中之条駅前において実施されました。麻薬や危険ドラッグ等の常習者による悲惨な事件が後を絶ちません。「薬物乱用 ダメ。ゼッタイ。」、のぼり旗を設置し、駅の乗降客(高校生を中心)にポケットティッシュ等の啓発グッズを配布しながら、安易に危険ドラッグなどの薬物に手を出さないように呼びかけました。

121-s-1.jpg121-s-2.jpg121-s-3.jpg

- Topics Board -