2017/02/27
群馬県保護司研修会に参加しました。
 平成29年2月27日(月)保護司指導力強化研修会が前橋市総合福祉会館において開催されました。
 この研修は、保護観察等の処遇を行う上での知識や技術の修得を図るもので、保護司経験2年以上4年未満の方々が52名、吾妻地区からは6名の保護司が参加しました。

78-s-1.jpg78-s-2.jpg78-s-3.jpg

2017/01/29
第4回人権ミニフェスティバル開催
 平成29年1月29日(日)第4回人権ミニフェスティバルがバイテック文化ホール(中之条町文化会館)で開催され町民をはじめ郡内外から多くの来場者が訪れました。会場には、町内の障害団体や社会福祉法人が出店した「手作りのドーナツや生花、工芸品」などが並べられた他に、群馬アイバンク協会の風船パフォーマンスなどが実演されました。また、「夢と絆」と題した蓮池薫さんの講演会には多くの方が聴き入っていました。この大会の趣旨は、人権問題について考えていただくために、毎年実行委員会組織により開催されていて、吾妻保護区保護司会中之条支部も一緒に参加しています。第4回目となる今回の大会スローガンは「考えよう相手の気持ち、未来につなげよう 違いを認め合う心」として啓発キャンペーンを行いました。

77-s-1.jpg77-s-2.jpg77-s-3.jpg

2017/01/24
第3回自主研修会を開催しました。
 平成29年1月24日(火)東吾妻町中央公民館において吾妻保護区保護司会の第3回回自主研修会が開催されました。
 東吾妻支部保護司会の企画で「第1部がスマホ・携帯電話安全教室。第2部が詐欺行為の最近の手口。」
 NTTドコモあんしんインストラクターによるネットいじめ、インターネット犯罪の怖さなどについて。また、吾妻警察署所管課より振り込めサギや還付金サギなどに注意する点について研修しました。
 家族の普段からの会話や相手を思いやる気持ちが大切です。

76-s-1.jpg76-s-2.jpg76-s-3.jpg

2017/01/14
薬物乱用防止キャンペーン in 鳥追い祭り
 平成29年1月14日(土)中之条町において「鳥追い祭り」が開催され、「ダメ!ゼッタイ!」をスローガンに掲げ、薬物乱用防止の啓発(吾妻地区更生保護女性会の皆さんが手間をいとわず手作りをした「しおり人形」を配付。)を行いました。
「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議構成員、吾妻警察署員、群馬県吾妻保健福祉事務所職員のみなさん30人が幟旗を掲げて「危険ドラッグ」の撲滅を訴えました。

75-s-1.jpg75-s-2.jpg75-s-3.jpg

2017/01/12
新年の保護司等連絡協議会が開催されました。
 平成29年1月12日(木)群馬県保護司会連合会主催の賀詞交換会並びに新年特別講演会が開催されました。
 賀詞交換会では、平成28年に叙勲、褒章を受章された保護司9名(吾妻保護司会の落合淳佐様が登壇)の祝賀会が開催されました。
 特別講演会では、刑事犯の最近の動向は、麻薬薬刑事犯の増加と女性の占有率の増加が目立ちます。特に高齢者による初犯者が増加傾向にあります。地域での支え合い、見守り活動の重要性が問われている現状が浮き彫りになっています。

74-s-1.jpg74-s-2.jpg74-s-3.jpg

2016/12/28
新年おめでとうございます
新春のお喜びを申し上げます。
 皆様おすこやかに新春をお迎えのことと存じます。
 昨年は何かとお世話になりまして、大変ありがとうございました。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

73-s-1.jpg

2016/12/16
群馬県仏教保護会へ年末慰問に行きました。
 平成28年12月14日(水)更生保護法人群馬県仏教保護会へ年末の慰問に伺いました。
 施設長さんに慰問金と嬬恋村産の馬鈴薯をお贈りしたところ大変喜んで頂き、今夕は大きなジャガイモ入りのカレーライスにしようと思いますと言って下さいました。
 現在、15名の入所者が暮らしており社会復帰に向けて一生懸命就活に励んでいるそうです。

72-s-1.jpg72-s-2.jpg72-s-3.jpg

2016/12/13
関東地方更生保護委員会より感謝状を頂きました。
 平成28年12月2日(金)法務大臣及び関東地方更生保護委員会委員長感謝状伝達式が前橋保護観察所において開催され、21名に感謝状と記念品が贈られました。
 吾妻保護区保護司会は、社会を明るくする運動の個人募金の一部を更生保護活動への支援金としてご寄付したことから、関東地方更生保護委員会委員長より感謝状を頂きました。

71-s-1.jpg71-s-2.jpg71-s-3.jpg

2016/11/06
中之条町商工祭で「日本中でおえかきホゴちゃん」
 平成28年11月6日(日)第66回社会を明るくする運動「日本中でおえかきホゴちゃん」を実施しました。
 このイベントは、更生ペンギンのホゴちゃんの絵を描くイベントで吾妻保護司会では、親子や家族の会話は社会を明るくする基本であるとして、中之条町商工祭の会場で、吾妻ライオンズクラブのご協力を頂き、クレヨン描きの「ホゴちゃん」の100枚のイラストを描いていただきました。
 ちらしの配布や広報にご協力頂いた教育委員会、並びに幼稚園・保育所職員のみな様、そして参加して頂いたご家族の方々大変ありがとうございました。

70-s-1.jpg70-s-2.jpg70-s-3.jpg

2016/10/21
第61回群馬県更生保護大会が開催されました。
 平成28年10月20日(木)第61回群馬県更生保護大会が太田市新田文化会館において開催されました。
 この大会には、更生保護関係者800名が参加して犯罪や再犯の防止と社会復帰への支援の充実に向けて更生保護活動の発展を図り明るい群馬県の実現に寄与することを大会宣言しました。
 大会の中では更生保護活動に功労のあった保護司や更生保護女性会の皆さんはじめ、社会を明るくする運動などにご尽力いただいた団体を表彰しました。

69-s-1.jpg69-s-2.jpg

2016/09/15
県内の更生保護サポートセンター運営協議会が開催されました。
 平成28年9月15日(木)に前橋保護観察所主催で群馬県内13地区の更生保護サポートセンター運営協議会が行われました。この更生保護サポートセンターが県内全地区に開設されているのは全国でも群馬県だけということです。更生保護サポートセンターが設置されたことで、保護司活動が活発になったと参加した全ての地区から報告がありました。また、更生保護女性会や地域の関連する団体や自治体との交流も進んでいます。
 更生保護活動や社会を明るくする運動の更なる展開を担う中核施設として積極的な運営が求められています。

68-s-1.jpg68-s-2.jpg68-s-3.jpg

2016/09/12
吾妻保護司会草津支部が視察研修を行いました。
 平成28年9月12日(月)吾妻保護区保護司草津支部が更生保護女性会と合同で14名が参加して榛名女子学園を視察研修しました。
 榛名女子学園における更生保護の状況について研修させていただき、生活指導・更生計画などについて意見交換をしました。
 今後の地域での社会を明るくする運動及び保護司活動に大変有意義な視察でした。

67-s-1.jpg67-s-2.jpg67-s-3.jpg

2016/09/3
薬物乱用防止キャンペーン in 伊勢町祇園祭
 平成28年9月3日(土)中之条町において伊勢町祇園祭が開催され、薬物乱用防止キャンペーンと社会を明るくする運動の啓発を行いました。
 会場となった伊勢町商店街の歩行者天国には、多くの観光客や町民の皆さんが訪れて大変な賑やかさでした。普段は都心で働いている若者たちもこの日だけは田舎に戻って祭りを盛り上げていました。
 「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議構成員、吾妻警察署員、群馬県吾妻保健福祉事務所職員のみなさん30人が幟旗を掲げて「危険ドラッグ」の撲滅を訴えました。

66-s-1.jpg66-s-2.jpg66-s-3.jpg

2016/08/26
第1回自主研修会を開催しました。
 平成28年8月26日(金)長野原町「道の駅 八ッ場ふるさと館」2階会議室において、平成28年度の第1回自主研修会を開催しました。
 吾妻保健福祉事務所の静野保健課長を講師としてお招きして「薬物乱用防止について」と題し、薬物乱用防止の基礎知識や薬物乱用の現状と対策、危険ドラッグについての研修内容でした。
 今後の保護観察や地域社会への啓もう活動に役立つ有意義な研修となりました。研修の企画運営を担当した長野原支部の保護司の皆様に感謝いたします。

65-s-1.jpg65-s-2.jpg65-s-3.jpg

2016/08/10
保護司会中之条支部が群馬県仏教保護会を慰問
 平成28年8月10日(水)吾妻保護司会と更生保護女性会中之条支部は、恒例となっている更生保護法人群馬県仏教保護会を訪問しました。この施設は、大正2年に群馬県内の各宗寺院住職により、群馬県各宗連合協会が設立され本克的な免囚保護事業を開始した施設です。全国の更生保護施設は103か所ありますが、仏教の宗派を超えた寺院の協力と仏教精神を基調とした自立更生への処遇は全国でも唯一の施設となっています。民間の収容保護施設として少年院・刑務所等を出所した後に頼る人がいない方々などに衣食住の提供を行い、自立するための社会復帰を支援して再犯を防止するという重要な役割を担っています。現在は、入所定員40人のところ27人が生活しており、理事長をはじめとする6名の職員体制で個人面接や生活指導、就労支援などを提供しています。

64-s-1.jpg64-s-2.jpg64-s-3.jpg

2016/08/01
薬物乱用防止キャンペーン in 草津温泉感謝祭
 平成28年8月1日(月)草津温泉感謝祭会場(湯畑周辺)において、薬物乱用防止キャンペーンを行いました。
 「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議のメンバー(保護司・更生保護女性会員・警察官・社会福祉協議会職員・吾妻保健福祉事務所職員)が参加。
 会場を訪れていた多くのみなさんに、危険ドラッグを「買わない。使わない。かかわらない。」ことをお願いしました。

63-s-1.jpg63-s-2.jpg63-s-3.jpg

2016/07/23
親子のふれあいワークショップ
 平成28年7月23日(土)中之条町と「社会を明るくする運動」中之条町推進委員会は、共催で第8回目の親子のワークショップをツインプラザで開催しました。
 明るい社会を築くには、家庭や家族の絆が何よりも大切です。当日は、午前と午後それぞれのワークショップに40人の子どもたちと家族のみなさんが参加してくれました。”おちゃっぴ”先生のワークショップを通して、粘土細工を楽しみながら、親子のふれあいを大切にしてもらう企画ですが、参加した子ども達は、出来上がった作品を前に、笑顔がまぶしく輝いていました。

62-s-1.jpg62-s-2.jpg62-s-3.jpg

2016/07/11
学校との連携で薬物乱用防止を実施
 平成28年7月11日(月)に吾妻保護区保護司会草津支部は、保護司と更生保護女性会で管内の小中学校を訪問して薬物乱用防止や保護観察等について生徒を取り巻く環境の現状と予防活動等について意見交換をしました。

61-s-1.jpg61-s-2.jpg61-s-3.jpg

2016/07/11
草津町で第66回社会を明るくする運動キャンペーン実施
 平成28年7月11日(月)に第66回社会を明るくする運動強調月間に合わせて、草津町総合保健福祉センターにおいて、内閣総理大臣メッセージ並びに群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを草津町実施委員会委員長(黒岩町長)に伝達しました。実施委員会の皆さん30人が町内パレードによる広報活動を行い、町内の湯畑や道の駅でチラシ配布やノベルティーを一人ひとりに手渡しながら、社会を明るくする運動の啓発を行いました。罪を犯した人の立ち直りを支え、過ちを繰り返すことのないようにするためには、立ち直ろうとする人を社会に受け入れることが必要です。それぞれの立場での、「地域のチカラ」への取組みをお願いします。

60-s-1.jpg60-s-2.jpg60-s-3.jpg

2016/07/07
薬物乱用防止教室指導者講習会を受講
 平成28年7月7日(木)群馬会館において、「薬物乱用防止教室指導者講習会」が開催されました。薬物乱用防止指導員の保護司・更生保護女性会員が参加し、危険ドラッグの販売や危険性などの現状・問題点を研修しました。昨今の危険ドラッグ使用による悲惨な事件を防止するために、様々な機会を捉えて広報活動を展開する他に、小学校・中学校・高校のボランティア外部講師として麻薬・危険ドラッグなどの使用によって「死亡や依存症が発生する命の危険」にさらされる毒であることを啓発して行きます。危険ドラッグは、「持たない・もらわない・買わない・使わない」

59-s-1.jpg59-s-2.jpg59-s-3.jpg

- Topics Board -