2017/10/10
第62回群馬県更生保護大会が開催されます。
 平成29年10月19日(木)藤岡市みかぼみらい館で第62回群馬県更生保護大会が開催されます。
 吾妻保護司会と吾妻地区更生保護女性会は、平素からの更生保護活動に対して合わせて11名の方々が表彰されます。
 この大会は、群馬県内13保護区を順番に毎年この時期に開催をしています。更生保護関係者が一堂に会して、罪を犯した人や非行をした少年たちの社会復帰を支援し犯罪や非行のない明るい社会の建設に力を合わせるために行っています。
2017/10/10
NPO群馬県就労支援事業者機構の理事会が開催されました。
平成29年10月3日(火)前橋保護観察所において特定非営利活動法人 (NPO)群馬県就労支援事業者機構の理事会に吾妻更生保護事業主会長が出席しました。この組織は、罪を犯した人や更生保護事業法の非行に及んだ少年が善良な社会の一員として更生するためには、就職の機会を得て経済的に自立することが重要であるとの認識から、事業者の立場から就労を支援し再び犯罪や非行に陥ることを防止することで社会復帰を図ることを目的としている団体です(加入事業者は、平成29年9月末現在で580社)。
理事会の議題は、本年4月に本格稼働をした事務局組織の規則や就業規程などの案件を審議しました。本年度上半期の実績では、就労支援対象者20名のうち12名が実際に就労することが出来ました。
2017/09/07
「ダメゼッタイ。」運動推進連絡会議が開催されました。
 平成29年9月7日(木)吾妻保健福祉事務所で第2回「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議が開催されました。会議の冒頭では、永年に亘り薬物乱用防止指導員として活躍した2名の保護司(日野様、古藤様)に感謝状が授与されました。本会の議長に保護司の落合氏が選任され、薬剤師会・保護司会・民生委員児童委員協議会・更生保護女性会・医薬品配置協会・ライオンズクラブ・ロータリークラブ・食品衛生協会(順不同)から選出された指導員25名と警察署・各町村・吾妻郡青少年育成推進員連絡協議会で構成される連絡会議がスタートしました。地域での様々なイベントや集会などの機会を捉えて啓発活動を展開して行きます。薬物乱用は「ダメ。ゼッタイ。」

93-s-1.jpg93-s-2.jpg93-s-3.jpg

2017/09/02
薬物乱用防止キャンペーン in 伊勢町祇園祭
 平成29年9月2日(土)中之条町において伊勢町祇園祭が開催され、薬物乱用防止キャンペーンと社会を明るくする運動の啓発を行いました。
 「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議構成員、吾妻警察署員、群馬県吾妻保健福祉事務所職員のみなさん35人が、祭り会場を訪れている地域住民や学生、多くの観光客に啓発用グッズ・リーフレットを手渡して「危険ドラッグ」の撲滅を訴えました。

92-s-1.jpg92-s-2.jpg92-s-3.jpg

2017/08/25
更生保護施設の群馬県仏教保護会を訪問しました。
 平成29年8月25日(金)吾妻保護司会中之条支部と更生保護女性会中之条支部は、合同で恒例となっている前橋市紅雲町にある更生保護法人群馬県仏教保護会を訪問しました。
 この施設は、仏教の様々な宗派を超えた寺院の協力と仏教精神を基調とした自立更生への処遇は、全国でも唯一の施設です。少年院・刑務所等を出所した後に頼る人がいない方々などに衣食住の提供を行い、自立するための社会復帰を支援して再犯を防止するという重要な役割を担っています。個人面接や生活指導、就労支援などをきめ細かく行い、本人の自立更生と社会復帰に取り組んでいます。この日も、施設の運営に役立てて頂こうと多くの支援団体や個人が野菜や衣類など生活に必要な物資をご寄附されていました。

91-s-1.jpg91-s-2.jpg91-s-3.jpg

2017/08/23
第1回自主研修会を開催しました。
 平成29年8月23日(水)【嬬恋郷土資料館】において第1回自主研修会を開催しました。
 隣接して鎌原観音堂があり夏休みを利用して多くの方が訪れる場所です。研修会では、嬬恋村文化財調査員の下谷通氏による「浅間北麓ジオパークと南木山」を受講しました。浅間山噴火の惨状や自然の恵みを利用しての馬の育成や農業振興など吾妻郡の素晴らしい資産への気付きを学ぶことができました。

90-s-1.jpg90-s-2.jpg90-s-3.jpg

2017/08/01
薬物乱用防止キャンペーン in 草津温泉感謝祭
 平成29年8月1日(火)草津温泉感謝祭会場(湯畑周辺)において、薬物乱用防止キャンペーンを行いました。
「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議のメンバー23名(保護司・更生保護女性会員・警察官・社会福祉協議会職員・吾妻保健福祉事務所職員)が参加して、草津温泉感謝祭を見物に会場を訪れていた住民、観光客300人のみなさんに街頭広報活動を行い、チラシやウェットティッシュ、更生保護女性会員手作りのしおり人形などを配付しながら、麻薬や危険ドラッグを「買わない。使わない。かかわらない。」ことをお願いしました。

89-s-1.jpg89-s-2.jpg89-s-3.jpg

2017/07/12
草津町で第67回”社会を明るくする運動”キャンペーンを実施しました。
 平成29年7月12日に第67回”社会を明るくする運動”キャンペーンを実施しました。
 午前中は、草津町総合保健福祉センターにおいて内閣総理大臣メッセージ並びに群馬県更生保護女性連盟会長メッセージを草津町実施委員会委員長(草津町長)に伝達。町内広報活動を行い、湯畑でチラシ配布やノベルティーを一人ひとりに手渡しながら、社会を明るくする運動の啓発を行いました。罪を犯した人の立ち直りを支え、過ちを繰り返すことのないようにするためには、立ち直ろうとする人を社会に受け入れることが必要です。それぞれの立場での、「地域のチカラ」への取組みをお願いします。
 午後は、吾妻保護区保護司会草津支部は、保護司と更生保護女性会で管内の小中学校を訪問して薬物乱用防止や保護観察等について生徒を取り巻く環境の現状と予防活動等について意見交換を行ないました。

88-s-1.jpg88-s-2.jpg88-s-3.jpg

2017/07/01
7月は”社会を明るくする運動”強調月間 再犯防止啓発月間です。
“社会を明るくする運動”〜犯罪や非行を防止し立ち直りを支える地域のチカラ〜
 犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪のない地域社会を築こうとする全国的な運動で、今年で67回目を迎えます。
 街頭広報、ポスター、新聞やテレビ等の広報活動やイベントなどが開催されます。
 吾妻郡では、地域のイベントや催し物会場でキャンペーンなどの広報活動を行います。

87-s-1.jpg87-s-2.jpg87-s-3.jpg

2017/06/26
薬物乱用防止ヤングキャンペーン 通学時に高校生に呼びかけ
 平成29年6月26日「ダメ。ゼッタイ。」運動吾妻地区推進連絡会議が主催する薬物乱用防止運動ヤング街頭キャンペーンが、JR中之条駅前において実施されました。麻薬や危険ドラッグ等の常習者による悲惨な事件が後を絶ちません。「薬物乱用 ダメ。ゼッタイ。」、のぼり旗を設置し、薬物乱用防止のタスキや防止を着用して、駅の乗降客(高校生を中心)にチラシやポケットティッシュ等の啓発グッズを配布しながら、安易に危険ドラッグなどの薬物に手を出さないように呼びかけました。

86-s-1.jpg86-s-2.jpg86-s-3.jpg

2017/06/24
熊川保護司藍綬褒章受章おめでとうございます
 平成29年6月24日嬬恋プリンスホテルにおいて、平成29年春 藍綬褒章を受章された熊川保護司の受賞祝賀会が開催され多くの関係者が参列されました。
 熊川保護司は、永年に亘り更生保護活動を実践してきた方で本会の副会長としてご尽力いただいています。

85-s-1.jpg85-s-2.jpg

2017/06/23
甲府刑務所を施設視察研修
 平成29年6月22日〜23日に更生保護女性会と合同で32名が参加して施設研修旅行を実施しました。
 施設研修は、甲府刑務所を参観して施設内の研修を行うとともに刑務作業の製品(革製品 クッション・パンダのぬいぐるみ・靴等々)を購入しました。施設では、社会復帰を目指してカリキュラムを充実して生活面から資格取得まで幅広く指導教育が行われています。

84-s-1.jpg84-s-2.jpg

2017/06/19
第67回”社会を明るくする運動”中之条町推進委員会が開催されました。
 平成29年6月19日中之条町役場において、第67回”社会を明るくする運動”中之条町推進委員会が開催されました。推進委員会には、保護司・更生保護女性会をはじめ、民生・教育・防犯・区長会・婦人会・母子寡婦会など、多くの関係団体の方々が出席しました。「もどらない。もどさない。」をキャッチコピーとして犯罪や非行を防止し、立ち直りを支える地域の”チカラ”をさらに築き上げることを確認しました。今回の事業実施計画は、7月の強調月間に合わせ7月4日に内閣総理大臣のメッセージ伝達式、チラシ配布・広報宣伝活動を行い、関連事業として7月17日に「親子のワークショップ」を開催する他に、更生保護女性会員による手作り「しおり人形」を配付して管内の幼稚園、小中学校への訪問を行なうことを決定しました。


83-s-1.jpg83-s-2.jpg83-s-3.jpg

2017/06/7
吾妻更生保護事業主会定期総会が開催されました。
 平成29年6月7日(水)中之条町のバイテック文化ホールにおいて吾妻更生保護事業主会の定期総会が開催されました。更生の道を歩こうとする保護観察対象者等に就労の機会を提供する事業主のみなさんが出席して平成29年度重点事業として、協力雇用主の拡大を図る。社会を明るくする運動の普及啓発と犯罪予防活動の推進を行うことを決定しました。
 また、総会終了後に、NPO法人群馬県就労支援事業者機構事務局の吉川氏による自主研修会を開催し更生保護活動について受講しました。

82-s-1.jpg82-s-2.jpg82-s-3.jpg

2017/06/2
第67回社会を明るくする運動推進委員会開催
 平成29年6月2日(金)嬬恋村の嬬恋会館において、第67回社会を明るくする運動推進委員会が開催されました。
 7月1日からスタートする強調月間の協議を行うために吾妻郡内の各地区推進委員会事務局、保護司、更生保護女性会のみなさんが参集して広報活動について協議をしました。これから、吾妻郡6町村において地区推進員会が開催され7月の強調月間に向けて事業が展開されます。

81-s-1.jpg81-s-2.jpg81-s-3.jpg

2017/05/10
平成29年 定期総会開催
 平成29年5月10日(水)草津町のホテルヴィレッジにおいて、吾妻保護区保護司会定期総会を開催しました。
 平成29年度事業計画の重点事業として、刑の一部執行猶予制度施行後1年が経過したことに鑑み、保護司処遇に係る自主研修により資質の向上を図るとともに薬物乱用防止活動に重点を置き関係機関との連携を図ることを決定しました。
 また、春の褒章では熊川秀子保護司が受賞され会長よりお祝いを申し上げ、また、永年の保護司活動へのご尽力を感謝して3名の保護司に会長より感謝状を贈呈しました。

80-s-1.jpg80-s-2.jpg80-s-3.jpg

2017/03/15
保護司等代表者協議会開催
 平成29年3月15日に前橋保護観察所会議室において保護司等代表者協議会が開催されました。
 会議の内容は、平成29年度前橋保護観察所の人事異動とそれに伴う職員配置、新年度の重点事項、主要行事日程(案)などでした。
 人事異動では、所長外6名の転出者と転入者、新規採用者の異動があり、職員配置の見直しにより各保護区所管の保護観察官も変更になりました。新年度から新しい体制になりますが宜しくお願いします。
 重点事項では、再犯防止に向けた取組の充実強化、保護司の確保策等が盛り込まれており、県内の保護司定員に対する充足率は90パーセント程度となっている。

79-s-1.jpg79-s-2.jpg[添付]: 79-3.tif (40KB)

2017/02/27
群馬県保護司研修会に参加しました。
 平成29年2月27日(月)保護司指導力強化研修会が前橋市総合福祉会館において開催されました。
 この研修は、保護観察等の処遇を行う上での知識や技術の修得を図るもので、保護司経験2年以上4年未満の方々が52名、吾妻地区からは6名の保護司が参加しました。

78-s-1.jpg78-s-2.jpg78-s-3.jpg

2017/01/29
第4回人権ミニフェスティバル開催
 平成29年1月29日(日)第4回人権ミニフェスティバルがバイテック文化ホール(中之条町文化会館)で開催され町民をはじめ郡内外から多くの来場者が訪れました。会場には、町内の障害団体や社会福祉法人が出店した「手作りのドーナツや生花、工芸品」などが並べられた他に、群馬アイバンク協会の風船パフォーマンスなどが実演されました。また、「夢と絆」と題した蓮池薫さんの講演会には多くの方が聴き入っていました。この大会の趣旨は、人権問題について考えていただくために、毎年実行委員会組織により開催されていて、吾妻保護区保護司会中之条支部も一緒に参加しています。第4回目となる今回の大会スローガンは「考えよう相手の気持ち、未来につなげよう 違いを認め合う心」として啓発キャンペーンを行いました。

77-s-1.jpg77-s-2.jpg77-s-3.jpg

2017/01/24
第3回自主研修会を開催しました。
 平成29年1月24日(火)東吾妻町中央公民館において吾妻保護区保護司会の第3回回自主研修会が開催されました。
 東吾妻支部保護司会の企画で「第1部がスマホ・携帯電話安全教室。第2部が詐欺行為の最近の手口。」
 NTTドコモあんしんインストラクターによるネットいじめ、インターネット犯罪の怖さなどについて。また、吾妻警察署所管課より振り込めサギや還付金サギなどに注意する点について研修しました。
 家族の普段からの会話や相手を思いやる気持ちが大切です。

76-s-1.jpg76-s-2.jpg76-s-3.jpg

- Topics Board -